NISA導入から最近の投資について

平成26年からNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)」が法的に導入されました。

NISAは投資取引においてかかっていた税金を節税することが出来るようになった制度です。

そのため少額からの投資が可能となり、資産運用がしやすくなりました。

銀行などの金融機関において、NISA口座を開設することが可能となります。

分配金や譲渡益が非課税となる制度なので、税金がかからず、以前よりも儲けることが出来るようになり各投資家から注目されています。

少額からの積立・分散投資が出来るので誰でも簡単に行うことが出来るようになりました。

ではどのくらい安くなるのか?

以前の投資信託の分配金や譲渡益の税率ですが、一般特定口座の20.315%でした。

それがNISA積立口座にて0%で非課税となるので、投資家の採ってはこの税金分も自分の利益になるため、以前よりも投資が魅力的になり、信託会社のサービスを利用して更に投資も携帯やその他のアンドロイドスマートフォンでも操作が可能なので、投資してからも値動きをいつでも確認することが出来るようになり登録すれば誰でもいつでも投資を始めることが出来、手軽に資産形成の準備をすることが出来ます。

プロにお任せでき運用も手間がかからない

資産形成をしたいがあまり大きなお金でなくて、こずかい稼ぎからはじめることも可能です。等月々数万から運用していくことが可能で、積立預金は着実にお金を増やしていくことが出来ます。

ローリスクでハイリターンな金融商品などもあるので投資先の分散は、国内の投資先でなく海外の資産にも投資が可能となり、自分が選んだ投資信託を、毎月一定額で購入して運用でき、運用もプロにお任せできるようになります。

1銘柄から月々1000円など少額投資先も

その為手間、手間がかからずに長期的に資産形成のために投資を継続することができます。

1銘柄から月々1000円など少額投資先もあり、主婦や学生でも手持ちの資金をプロに運用してもらうことが出来る点は魅力です。

自分で投資資金を調整することが可能で家計の負担にならないように小額からスタート可能です。

また、そのため分散投資も可能となり簡単に資産を運用できます。以前よりも取引がしやすくなったし、更に儲け幅も大きくなったので投資家の方にはNISA積立口座は資金形成のために大いに活用できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする