資産形成のために不動産を活用する

資産形成のために不動産活用をするならば、今持っている不動産を有効的に活用して不動産収入を得ることが可能です。

不動産収入を得ることはオーナーの選択次第でその後のま不動産収入となり、長期的には資産形成が可能です。

マンションアパート運用なども可能で、リスクの少ない不動産運用なども可能です。

資産形成で土地活用をしたい場合

収益を得るために不動産をどのように活かすのかはポイントです。

そのまま初期投資なく利用するならば駐車場経営が良いでしょう。更地での不動産投資をするならば、駐車場、または一軒家や建物があるときにはそのまま賃貸しても良いでしょう。

年間に固定資産税も支払うことになるので、不動産を活用して収入を得ることは税金対策にもなります。

さて、不動産を活用するためにはアパート経営、やマンション経営などでも良いでしょう。

「サービス付き高齢者住宅経営」や、その他にも「トランクルーム」や「土地のみを賃貸で貸し出す」などでも十分に不動産収入を得ることが出来るようになります。

小額で不動産投資を始めたい方

初めにかかる投資資金を少なくしたい方には、駐車場かトランクルームがお勧めです。

不動産の立地次第で、コインパーキングなどの収入を得ることが出来ます。

リスクも少ないので安心して運用していくことが出来るのもメリットです。

高額な不動産ローンを組んでマンション、アパート経営においても少ない資金で運用が出来ます。

初めは少ない資本で不動産投資するならば、借地、貸家でも相続税宅策にもなります。貸家貸付地の評価減、貸家の評価減にも有効です。建物が建っている土地活用は相続税対策に最適で、条件次第で小規模宅地等の特例も受けることが出来ます。

税金対策としても相続税対策までできるので、不動産は使い道次第なのです。そのまま資産形成にも有効利用できる大きなメリットがあります。

資産を作るための不動産投資

空き地として貸し出したりすれば初期投資も必要なく、リスクが少ないので非常に便利です。

駐車場として貸し出せれば、初期費用も掛からずにリスクも少なく不動産を運用することが可能です。

不動産の状態や場所によって、法人施設や老人ホームとして土地を貸すなどすればリスクも少なく不動産を有効利用することが可能です。

不動産を活かした不動産投資をしたい方はマンションやアパート運営が可能で、このどちらも初めに資金がかかり、銀行から住宅ローンを借り入れして毎月返済していく必要があります。

そのため不動産収入を得ることが可能です。リスクのある不動産投資と、リスクのない不動産投資、どちらも選択可能で不動産の価値を十分に発揮するならば収益の多いアパートマンション運用は資産形成への近道となり固定資産や税金対策にもなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする