不動産を売却して資産形成

不動産を売却することで資産を即現金化することが可能です、まずは購買者を探します。

値段などは不動産の場所や状態によって異なります。需要が少ないロケーションなどもありますが、売却する際にはネットを利用したり周辺の不動産会社にも相談可能です。

買主と、売りたい売主を繋ぐサービスなどもありますので、それなりに時間を置けば不動産をスムーズに売却できます。

そのまま売却しないでいると固定資産税や管理費がかかります、税金は年間で数十万円以上なので、そのまま固定資産税のみを支払っている方は早期の売却をお勧めします。

不動産売却の前に時価を確認

不動産を売却するならばまずは国税庁のサイトで時価を確認しましょう。時価を確認しておけば不動産に見合った現在の売却価格が分かります。

周辺地域で同じ間取りのマンションやアパートの物件の価格調査も大切です。どのくらいの価格で売却が可能で、また価格に見合った値段で売却をすることが出来れば、大幅な資金形成が可能です。

しかも現金での資金となりもし不動産を利用していないならば資金を用意するチャンスです。もし購入した金額でも不動産が売れないときにも妥協点を見つけ不動産を売却する事でその後の維持費がかからなくなったり維持費の面でも売却することにメリットはあります。

空き家バンクを利用すると

空き家バンクは地方自治体が運営しています。そのまま空き家バンクに登録しておけば地方自治体に自分の所有している不動産を紹介し、サービスが不動産を買いたい購買者をマッチングしてくれるサービスで不動産を早く売却したい方にお勧めのサービスです。

登録のみでok、地方自治体がマッチングしてくれるので売却の手間もなく簡単に不動産を売却することが出来るシステムが整っています。

不動産の購入者は自分で探せる

ネットを活用すれば、希望の金額で不動産を売却できるサービスもあり登録のみでok、条件は築年数、間取り、その他のオプションや敷地面積、周辺ロケーションなどをしっかり明記することが大切です。

また不動産の状態や写真なども撮影しておきましょう。更にそのほかにも証明書類関係も揃えておきましょう。

資産を形成するため資金作りは不動産売却ならば即現金化でき、そのほかの投資や投資信託に資金を利用して新たな投資を始めることも可能です。不動産を売却をする際にはネットを活用したりすれS場自分でも買い手を探すことが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする